ワールドトリガー

【ワールドトリガー】遠征選抜メンバー一覧!試験内容・隊長・行きたくない人まとめ

ワールドトリガーのブルーレイ20巻

出典:Amazon.co.jp

本記事では「ワールドトリガー」の遠征選抜試験に選ばれているメンバーの情報や、臨時隊長を務めるキャラクター・試験内容をまとめていきます。

また、「一緒に行きたい人」「一緒に行きたくない人」のアンケートの結果なども紹介していきます。

ワールドトリガーは2013年から連載されている漫画で、2014年からアニメの放送がスタートしています。

 

長期遠征選抜試験とは?

ワールドトリガーのボーダー隊員は日頃からネイバーに遠征を行っており、遠征のメンバーは「A級隊員とB級上位部隊の隊員」から選出されています。

そんな中、これまで以上に大規模な遠征を行う事が決定しており、今までの隊員だけでは人数が足りない事でB級隊員からメンバーが選出される事になりました。

とはいえ実力がない隊員を連れて行くと足手まといになってしまうため、これまでとは違う臨時の部隊を結成して遠征選抜メンバーの試験が行われています。

 

長期遠征選抜の試験内容

遠征選抜試験は「全体説明会」「隊長面接」「第1試験/閉鎖環境試験」「第2試験/長時間戦闘試験」という流れで実施される事が決まっています。

全体説明会では今までとは違う臨時の部隊が指名制で決定しており、その次に臨時部隊の隊長を務めるキャラクターの面接が行われています。

遠征は長期に及ぶ事が予想できるため、第1試験は閉鎖空間で1週間を過ごす「閉鎖環境試験」という内容のようです。

また、ネイバーとの戦いが「いつ始まり、いつ終わるか」が予想できないため、第2試験では最長36時間の戦闘を行う「長時間戦闘試験」が実施されるようです。

ちなみに、選抜試験に合格しても遠征は強制参加ではないため、残りたいと思った隊員は遠征に参加しなくてもOKです。

 

遠征選抜試験メンバー:1番隊

隊長:歌川遼

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「歌川遼」が1番隊の隊長に選ばれています。

歌川遼は風間隊の隊員で、ポジションはオールラウンダーです。

慎重でフォロー上手な性格をしており、普段からA級上位の部隊で戦っている事が隊長に選ばれた理由なのかもしれません。

 

一緒に行きたい人

  • 宇佐美栞(能力・人格に優れる)
  • 古寺章平(勉強家で信頼できる)
  • 一条雪丸(真似できない自由さがある)
  • 外岡一斗(自然体で集中力が高い)
  • 柿崎国治(責任感があって頼れる)

1番隊の隊長である歌川遼は周囲の調和を大切にしているキャラクターのため、能力だけでなく「人格」「性格」が優れているキャラクターを「一緒に行きたい人」に挙げているようです。

また、基本に忠実な戦い方だけでは通用しない部分があるため、そのような部分を一条雪丸で補いたいと考えているようです。

 

一緒に行きたくない人

なし。

歌川遼は性格が良いキャラクターのため、「一緒に行きたくない人」には誰の名前も挙げていません。

作中には性格に難がある隊員もいますが、そのような隊員とも上手くやれる自信があるのかもしれません。

 

オペレーター:志岐小夜子

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「志岐小夜子」が1番隊のオペレーターに選ばれています。

志岐小夜子は那須隊のオペレーターで、狙撃手の狙撃ポイントの割り出しを得意にしているキャラクターです。

能力は優秀ですが男性が苦手という弱点があるため、男性だらけの部隊でコミュニケーションが取れるのかが不安材料です。

 

第1指名隊員:漆間恒

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「漆間恒」が1番隊のメンバーに選ばれています。

漆間恒は漆間隊の隊長を務めているキャラクターで、ポジションはガンナーです。

高い実力を持つガンナーと予想されていますが、守銭奴で空気が読めない性格が割と嫌われているようです。

 

第2指名隊員:空閑遊真

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「空閑遊真」が1番隊のメンバーに選ばれています。

空閑遊真は玉狛第2の隊員で、ポジションはアタッカーです。

1人でも戦局を切り開く実力がありますが、遠征選抜試験では臨時部隊の適応能力を見られる可能性があるため、他の隊員との連携が見どころの1つになっています。

 

第3指名隊員:巴虎太郎

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「巴虎太郎」が1番隊のメンバーに選ばれています。

巴虎太郎は柿崎隊の隊員で、ポジションはガンナーです。

1番隊は「ガンナー2人」「オールラウンダー1人」「アタッカー1人」という構成のため、中・遠距離主体の戦術になるかもしれません。

 

ワールドトリガーのDVD12巻
【ワールドトリガー】オペレーター一覧!可愛い魅力や能力・胸のカップ数まとめ

続きを見る

遠征選抜試験メンバー:2番隊

隊長:王子一彰

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「王子一彰」が2番隊の隊長に選ばれています。

王子一彰は王子隊の隊長で、ポジションはアタッカーです。

B級上位部隊の隊長経験があるため指揮能力に期待できますが、王子一彰の独特な感性を隊員が理解する必要がありそうです。

 

一緒に行きたい人

  • 生駒達人(面白い)
  • 加古望(面白い)
  • 佐伯竜司(面白い)
  • ヒュース・クローニン(面白そう)
  • 雨取千佳(トリオンにロマンがある)

2番隊の隊長である王子一彰は性格に癖があるため、一緒に行動して面白いキャラクターを「一緒に行きたい人」に挙げているようです。

また、ヒュースが面白そうと言っているため、性格だけでなく戦いの面白さも重視しているようです。

 

一緒に行きたくない人

  • 三輪秀次(冗談が通じなさそう)

三輪秀次は姉をトリオン兵に殺されているため、誰よりもネイバー・トリオン兵を憎んでいます。

王子一彰は「一緒に行きたくない人」に名前を挙げていますが、嫌いな訳ではなく性格が合わないだけのようです。

 

オペレーター:仁礼光

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「仁礼光」が2番隊のオペレーターに選ばれています。

仁礼光は影浦隊のオペレーターで、並列処理・情報分析・機器操作を得意にしているキャラクターです。

また、世話好きな性格をしているため、癖のある隊員の仲介役を担当する可能性があります。

 

第1指名隊員:辻新之助

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「辻新之助」が2番隊のメンバーに選ばれています。

辻新之助は二宮隊の隊員で、ポジションはアタッカーです。

援護の能力がとても高いため、アタッカーだらけの2番隊では援護に回る可能性があります。

 

第2指名隊員:生駒達人

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「生駒達人」が2番隊のメンバーに選ばれています。

生駒達人は生駒隊の隊長で、ポジションはアタッカーです。

「生駒旋空」という全アタッカー最長の間合いで攻撃する技を持っているため、2番隊ではメイン火力として活躍する事が予想できます。

また、2番隊には隊長経験者が2人いるという所も面白いポイントです。

 

第3指名隊員:帯島ユカリ

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「帯島ユカリ」が2番隊のメンバーに選ばれています。

帯島ユカリは弓場隊の隊員で、ポジションはオールラウンダーです。

2番隊で唯一の中・遠距離攻撃ができるキャラクターのため、サポート・援護を担当する可能性が高いです。

 

遠征選抜試験メンバー:3番隊

隊長:柿崎国治

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「柿崎国治」が3番隊の隊長に選ばれています。

柿崎国治は柿崎隊の隊長で、ポジションはオールラウンダーです。

戦闘能力はそこまで高くありませんが、性格が良い事で他の部隊の隊員からも慕われているため、3番隊はチームワークの戦いが予想できます。

 

一緒に行きたい人

  • 弓場拓磨(いいやつで頼れる)
  • 生駒達人(面白くて頼れる)
  • 東春秋(リーダーシップがある)
  • 小早川杏(性格が良くて頼れる)
  • 片桐隆明(冷静で頼れる)

ワールドトリガーの柿崎国治は優れた戦闘能力・身体能力は持っていませんが、人格が優れている事で他の隊員から慕われています。

また、自分の能力を理解しているため、チームワークを重視した頼れるキャラクターを「一緒に行きたい人」に挙げているようです。

 

一緒に行きたくない人

なし。

柿崎国治は性格が良いキャラクターのため、「一緒に行きたくない人」には誰の名前も挙げていないようです。

また、普段から自分よりも能力値が高い隊員と行動を共にしているため、どんな隊員とも合わせる自信があるのかもしれません。

 

オペレーター:藤丸のの

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「藤丸のの」が3番隊のオペレーターに選ばれています。

藤丸ののは弓場隊のオペレーターで、難しいと言われている4人チームの戦いを管理する能力を持っています。

また、勝ち気で姉御肌な性格をしているため、優柔不断な柿崎国治の尻を叩く姿が見られるかもしれません。

 

第1指名隊員:影浦雅人

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「影浦雅人」が3番隊のメンバーに選ばれています。

影浦雅人は影浦隊の隊長で、ポジションはアタッカーです。

影浦雅人は型に捉われない戦闘を得意にしているため、隊長ではなく自由に動ける隊員になった事で戦闘能力が向上する可能性があります。

 

第2指名隊員:別役太一

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「別役太一」が3番隊のメンバーに選ばれています。

別役太一は鈴鳴第一の隊員で、ポジションはスナイパーです。

3番隊には影浦雅人という強力なアタッカーがいるため、別役太一は援護に徹する可能性があります。

 

第3指名隊員:犬飼澄晴

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「犬飼澄晴」が3番隊のメンバーに選ばれています。

犬飼澄晴は二宮隊の隊員で、ポジションはガンナーです。

普段からチームバランスを考えて戦っているため、3番隊でも戦局を見ながら戦う事が予想できます。

また、3番隊は全員ポジションが違う事でチームバランスが良くなっています。

 

遠征選抜試験メンバー:4番隊

隊長:北添尋

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「北添尋」が4番隊の隊長に選ばれています。

北添尋は影浦隊の隊員で、ポジションはガンナーです。

普段から自由に戦う影浦雅人の代わりに戦局を見ているため、そのような能力が評価されて隊長に選ばれた可能性があります。

 

一緒に行きたい人

  • 来馬辰也(尊敬しているから)
  • 今結花(頭が良くて頼れるから)
  • 諏訪洸太郎(リーダーシップがあるから)
  • 空閑遊真(強くて良い子で楽しい)
  • 王子一彰(目の付け所が他の人と違う)

影浦隊の隊長である影浦雅人は自由な戦い方を好んでいるキャラクターのため、実質的には北添尋がチームのバランスを取っています。

そのため「一緒に行きたい人」にもチームバランスが取れるキャラクターの名前を挙げているようです。

 

一緒に行きたくない人

  • 真木理佐(怒られちゃうから)

真木理佐は勝ち気な性格をしているキャラクターで、フリーの狙撃手でダラダラしていた当真勇を一喝して部隊を結成させています。

そんな真木理佐を「一緒に行きたくない人」に挙げているため、北添尋は割と気弱な性格をしている事が分かります。

 

オペレーター:染井華

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「染井華」が4番隊のオペレーターに選ばれています。

染井華は香取隊のオペレーターで、機器操作・情報分析を得意にしているキャラクターです。

常に冷静沈着な性格をしているため、4番隊は作戦通りにきっちり戦う事が予想できます。

 

第1指名隊員:外岡一斗

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「外岡一斗」が4番隊のメンバーに選ばれています。

外岡一斗は弓場隊の隊員で、ポジションはスナイパーです。

隠密行動が得意なキャラクターのため、援護だけでなく自分で敵を倒す事もできます。

 

第2指名隊員:菊地原士郎

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「菊地原士郎」が4番隊のメンバーに選ばれています。

菊地原士郎は風間隊の隊員で、ポジションはアタッカーです。

普段はメインアタッカー・風間蒼也の援護を行っていますが、4番隊のメンバー的に菊地原士郎がメインアタッカーになる可能性があります。

 

第3指名隊員:南沢海

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「南沢海」が4番隊のメンバーに選ばれています。

南沢海は生駒隊の隊員で、ポジションはアタッカーです。

マスタークラスになった経験がある実力者のため、菊地原士郎と同様に4番隊のメイン火力として活躍する事が予想できます。

 

遠征選抜試験メンバー:5番隊

隊長:来馬辰也

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「来馬辰也」が5番隊の隊長に選ばれています。

来馬辰也は鈴鳴第一の隊長で、ポジションはガンナーです。

人格者で隊員から慕われているキャラクターのため、そのような性格が評価されて隊長に選ばれた事が予想できます。

 

一緒に行きたい人

  • 東春秋(冷静で視野が広いから)
  • 堤大地(優しくて頭の回転が速い)
  • 若村麓郎(常識的で努力家だから)
  • 仁礼光(明るくて世話好きだから)
  • 辻新之助(真面目でフォロー上手だから)

来馬辰也は性格が良い人格者として知られているため、部隊の調和をとても大切にしているようです。

そのため戦闘能力だけでなく性格・人格が優れている隊員・オペレーターを「一緒に行きたい人」に挙げているようです。

 

一緒に行きたくない人

なし。

来馬辰也はどんな隊員とも対等に接する事ができるため、「一緒に行きたくない人」には誰の名前も挙げていないようです。

臨時隊長で性格が良いキャラクターは「一緒に行きたくない人」がいない傾向のようです。

 

オペレーター:小佐野瑠衣

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「小佐野瑠衣」が5番隊のオペレーターに選ばれています。

小佐野瑠衣は諏訪隊のオペレーターで、並列処理が得意な感覚派のキャラクターです。

気分屋な性格をしているため、隊長の来馬辰也が士気を上げる必要がありそうです。

 

第1指名隊員:穂刈篤

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「穂刈篤」が5番隊のメンバーに選ばれています。

穂刈篤は荒船隊の隊員で、ポジションはスナイパーです。

普段から優れた能力を持つ事で知られているため、5番隊でも攻撃・援護の両面で活躍する事が予想できます。

 

第2指名隊員:小荒井登

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「小荒井登」が5番隊のメンバーに選ばれています。

小荒井登は東隊の隊員で、ポジションはアタッカーです。

他の隊員との連携を得意にしているため、5番隊ではチームバランスを取る役割も担っています。

 

第3指名隊員:弓場拓磨

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「弓場拓磨」が5番隊のメンバーに選ばれています。

弓場拓磨は弓場隊の隊長で、ポジションはガンナーです。

空閑遊真を一瞬で倒すほどの実力を誇っているため、5番隊ではメイン火力として活躍する事が予想できます。

 

遠征選抜試験メンバー:6番隊

隊長:古寺章平

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「古寺章平」が6番隊の隊長に選ばれています。

古寺章平は三輪隊の隊員で、ポジションはスナイパーです。

A級隊員の中でトップクラスの頭脳を持っているため、その点が評価されて隊長に選ばれた可能性があります。

 

一緒に行きたい人

  • 東春秋(指揮能力が高い)
  • 宇佐美栞(技術も人格も優れている)
  • 半崎義人(技術が高く粘り強い)
  • 染井華(冷静で頭が良い)
  • 風間蒼也(突破力と判断力が高い)

古寺章平は隊長経験がなく慌てやすい性格をしているため、戦闘に関する能力値が高いキャラクターを「一緒に行きたい人」に選んでいるようです。

また、宇佐美栞の技術と人格を評価していますが、古寺章平は宇佐美栞の事が異性としても好きなようです。

 

一緒に行きたくない人

  • 影浦雅人(サイドエフェクトが難しい)
  • 漆間恒(協調性に欠ける)

影浦雅人は「負の感情を感知するサイドエフェクト」を持っていますが、本人しか分からないため扱いが難しいです。

漆間恒は空気を読まない発言をするキャラクターのため、古寺章平はそのような性格を苦手にしているようです。

 

オペレーター:六田梨香

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「六田梨香」が6番隊のオペレーターに選ばれています。

六田梨香は漆間隊のオペレーターで、詳しい能力は分かっていません。

漆間隊は漆間恒と六田梨香だけの部隊のため、六田梨香は1人に集中する事で能力を発揮できるのかもしれません。

 

第1指名隊員:奥寺常幸

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「奥寺常幸」が6番隊のメンバーに選ばれています。

奥寺常幸は東隊の隊員で、ポジションはアタッカーです。

普段から他の隊員との連携で戦っているため、6番隊では援護を担当する可能性があります。

 

第2指名隊員:三浦雄太

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「三浦雄太」が6番隊のメンバーに選ばれています。

三浦雄太は香取隊の隊員で、ポジションはアタッカーです。

人当たりが良い性格をしているため、6番隊のチームワークの柱になる可能性があります。

 

第3指名隊員:木虎藍

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「木虎藍」が6番隊のメンバーに選ばれています。

木虎藍は嵐山隊の隊員で、ポジションはオールラウンダーです。

6番隊のメイン火力になる事が予想できますが、高飛車な性格が他の隊員との壁になる可能性があります。

 

遠征選抜試験メンバー:7番隊

隊長:諏訪洸太郎

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「諏訪洸太郎」が7番隊の隊長に選ばれています。

諏訪洸太郎は諏訪隊の隊長で、ポジションはガンナーです。

自分を囮にしてでも勝利を優先する姿が描かれているため、そのような点が評価されて隊長に選ばれた可能性があります。

 

一緒に行きたい人

  • 東春秋(麻雀要員)
  • 冬島慎次(麻雀要員)
  • 柿崎国治(場を仕切れて性格も良い)
  • 空閑遊真(切れ味があって性格も良い)
  • 三上歌歩(腕が良くて性格も良い)

諏訪洸太郎はビール・麻雀が好きなため、一緒に遊べるキャラクターを「一緒に行きたい人」に挙げているようです。

作中では柄が悪い一面も見せていますが、性格が良いキャラクターを選んで部隊の調和を大切にしている部分もあるようです。

 

一緒に行きたくない人

  • 風間蒼也(鬱陶しい、性格が悪い)
  • 草壁早紀(生意気、性格が悪い)

諏訪洸太郎と風間蒼也が絡む姿はあまり描かれていませんが、「一緒に行きたくない人」に挙げるほど仲が悪いようです。

草壁早紀は有能だけど気が強い一面があるため、そのような性格を苦手にしているようです。

 

オペレーター:宇井真登華

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「宇井真登華」が7番隊のオペレーターに選ばれています。

宇井真登華は柿崎隊のオペレーターで、並列処理・情報分析を得意にしているキャラクターです。

柿崎隊ではムードメーカー的な役割も担っているため、7番隊でもチームワークの要になる可能性があります。

 

第1指名隊員:隠岐孝二

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「隠岐孝二」が7番隊のメンバーに選ばれています。

隠岐孝二は生駒隊の隊員で、ポジションはスナイパーです。

ジャンプ台になるグラスホッパーを使って戦っているキャラクターのため、狙撃以外でも活躍するかもしれません。

 

第2指名隊員:三雲修

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「三雲修」が7番隊のメンバーに選ばれています。

三雲修は玉狛第2の隊長で、ポジションはシューターです。

普段からチームを活かす戦い方をしているため、7番隊でも援護に回る可能性があります。

 

第3指名隊員:香取葉子

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「香取葉子」が7番隊のメンバーに選ばれています。

香取葉子は香取隊の隊長で、ポジションはオールラウンダーです。

7番隊のメイン火力になる事が予想できますが、わがままな性格がチームワークを乱す危険性もあります。

また、ランク戦で敗れた三雲修と仲良くできるかも見どころの1つになっています。

 

遠征選抜試験メンバー:8番隊

隊長:二宮匡貴

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「二宮匡貴」が8番隊の隊長に選ばれています。

二宮匡貴は二宮隊の隊長で、ポジションはシューターです。

隊長としての指揮能力だけでなく、個人で戦える強さを持つため、高い能力値が評価されて隊長に選ばれた可能性があります。

 

一緒に行きたい人

  • 東春秋(指揮能力が高い)
  • 出水公平(射手の能力が高い)
  • 村上鋼(防御力と対応力が高い)
  • 水上敏志(盤面を整えるのが上手い)
  • 月見蓮(オペレーターの能力が高い)

二宮匡貴は性格などは関係なしに戦闘能力・オペレーター能力で「一緒に行きたい人」を選んでいるようです。

選抜試験では狙撃手ばかりという尖った指名をしていますが、「一緒に行きたい人」はとてもバランスが良いメンバーです。

 

一緒に行きたくない人

  • 加古望(わがまま)
  • 太刀川慶(頭が悪い)

作中では二宮匡貴と加古望が張り合う姿が描かれていますが、2人の仲は予想以上に悪いようです。

また、太刀川慶は1人で局面を変える戦闘能力がありますが、それでも「一緒に行きたくない人」に挙げるほどに嫌いなようです。

 

オペレーター:加賀美倫

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「加賀美倫」が8番隊のオペレーターに選ばれています。

加賀美倫は荒船隊のオペレーターで、機器操作・情報分析を得意にしているキャラクターです。

8番隊は優れた隊員が揃っているため、普段通りの仕事をすれば良い結果が出せそうです。

 

第1指名隊員:東春秋

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「東春秋」が8番隊のメンバーに選ばれています。

東春秋は東隊の隊長で、ポジションはスナイパーです。

過去にはA級1位部隊の隊長を務めていた実力者で、他の隊員から絶大な信頼を集めています。

 

第2指名隊員:雨取千佳

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「雨取千佳」が8番隊のメンバーに選ばれています。

雨取千佳は玉狛第2の隊員で、ポジションはスナイパーです。

圧倒的なトリオン量を持っているため、部隊の窮地を一撃で打開する事ができます。

 

第3指名隊員:絵馬ユズル

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「絵馬ユズル」が8番隊のメンバーに選ばれています。

絵馬ユズルは影浦隊の隊員で、ポジションはスナイパーです。

東春秋と雨取千佳が個性的なスナイパーのため、絵馬ユズルは援護中心になる可能性があります。

また、絵馬ユズルは雨取千佳が好きなため、2人の恋の行方も見どころの1つになっています。

 

遠征選抜試験メンバー:9番隊

隊長:水上敏志

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「水上敏志」が9番隊の隊長に選ばれています。

水上敏志は生駒隊の隊員で、ポジションはシューターです。

普段から部隊の司令塔を担当しているため、そのような点が評価されて隊長に選ばれた可能性があります。

 

一緒に行きたい人

  • ヒュース・クローニン(強くてツッコミ所もありそう)
  • 菊地原士郎(サイドエフェクトが強い)
  • 国近柚宇(腕が良くてアホ話もできる)
  • 当真勇(腕が良くてアホ話もできる)
  • 太刀川慶(腕が良くてアホ話もできる)

水上敏志は戦闘能力・オペレーター能力が高いだけでなく、性格が面白いキャラクターを「一緒に行きたい人」に挙げているようです。

ヒュースは割と冷たい印象があるキャラクターですが、水上敏志の中では面白い人材のようです。

 

一緒に行きたくない人

  • 漆間恒(性格が悪そうだから)
  • 月見蓮(怖そうで厳しそう)

漆間恒は遠征の説明中に空気を読まず給料の話をしていたため、そのような言動を苦手にしているキャラクターが多いようです。

また、月見蓮は太刀川慶に戦術を教えた有能なキャラクターですが、他の隊の隊員からは割と怖がられているようです。

 

オペレーター:今結花

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「今結花」が9番隊のオペレーターに選ばれています。

今結花は鈴鳴第一のオペレーターで、隊員との連携を得意にしています。

また、面倒見が良い性格をしているため、チームをまとめる役割も担っているようです。

 

第1指名隊員:荒船哲次

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「荒船哲次」が9番隊のメンバーに選ばれています。

荒船哲次は荒船隊の隊長で、ポジションはスナイパーです。

村上鋼の師匠的なキャラクターのため、スナイパーでありながら近接戦闘も行う事ができます。

 

第2指名隊員:樫尾由多嘉

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「樫尾由多嘉」が9番隊のメンバーに選ばれています。

樫尾由多嘉は王子隊の隊員で、ポジションはアタッカーです。

オールラウンダーのようにバランスが取れた隊員のため、9番隊でもバランサーになる可能性があります。

 

第3指名隊員:照屋文香

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「照屋文香」が9番隊のメンバーに選ばれています。

照屋文香は柿崎隊の隊員で、ポジションはオールラウンダーです。

普段からエースとして活躍しているため、9番隊では荒船哲次の援護を受けながら戦う事が予想できます。

 

遠征選抜試験メンバー:10番隊

隊長:村上鋼

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「村上鋼」が10番隊の隊長に選ばれています。

村上鋼は鈴鳴第一の隊員で、ポジションはアタッカーです。

高い戦闘能力だけでなく広い視野も持つため、そのような点が評価されて隊長に選ばれた可能性があります。

 

一緒に行きたい人

  • 荒船哲次(総合力と計画性が高い)
  • 影浦雅人(他にないセンスがある)
  • 空閑遊真(発想力と対応力が高い)
  • 太刀川慶(スケールが大きくて強い)
  • 北添尋(火力と人格が優れている)

村上鋼は身体能力・戦闘能力を重視して「一緒に行きたい人」を選んでいるようです。

自身も背中で隊員を引っ張るキャラクターのため、性格はあまり気にしていないようです。

また、アタッカーばかりのため、近接戦闘を好んでいる事が分かります。

 

一緒に行きたくない人

  • 巴虎太郎(心配になるから)
  • 黒江双葉(心配になるから)

巴虎太郎と黒江双葉は将来有望な隊員ですが、年齢が中学生で若すぎる事を村上鋼は心配しているようです。

この「一緒に行きたくない人」の結果から村上鋼の優しさが伝わってきます。

 

オペレーター:氷見亜季

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「氷見亜季」が10番隊のオペレーターに選ばれています。

氷見亜季は二宮隊のオペレーターで、原作者からB級で一番の能力を持つと言われています。

普段から実力者揃いの二宮隊で仕事をしているため、遠征選抜試験でも活躍する事が予想できます。

 

第1指名隊員:堤大地

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「堤大地」が10番隊のメンバーに選ばれています。

堤大地は諏訪隊の隊員で、ポジションはガンナーです。

普段から他の隊員の援護を行っているため、10番隊でも援護中心の動きになる可能性があります。

 

第2指名隊員:熊谷友子

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「熊谷友子」が10番隊のメンバーに選ばれています。

熊谷友子は那須隊の隊員で、ポジションはアタッカーです。

10番隊は村上鋼がメインアタッカーになる可能性が高いため、熊谷友子は補助的な役割になるかもしれません。

 

第3指名隊員:蔵内和紀

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「蔵内和紀」が10番隊のメンバーに選ばれています。

蔵内和紀は王子隊の隊員で、ポジションはシューターです。

10番隊は「アタッカー2人」「ガンナー1人」「シューター1人」という構成のため、かなりバランスが良い部隊になっています。

 

遠征選抜試験メンバー:11番隊

隊長:若村麓郎

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「若村麓郎」が11番隊の隊長に選ばれています。

若村麓郎は香取隊の隊員で、ポジションはガンナーです。

普段からわがままな香取葉子と何とか共闘しているため、そのような点が評価されて隊長に選ばれた可能性があります。

 

一緒に行きたい人

  • 犬飼澄晴(腕が良くてコミュニケーション能力が高い)
  • 東春秋(監督能力と育成能力が高い)
  • 里見一馬(腕が良くてコミュニケーション能力が高い)
  • 来馬辰也(人望があって信頼できる)
  • 北添尋(腕が良くてコミュニケーション能力が高い)

若村麓郎はあまり戦闘能力・身体能力が高いキャラクターではないため、実力とチームワークのバランスを考えて「一緒に行きたい人」を挙げているようです。

また、普段はわがままな香取葉子に振り回されているため、コミュニケーションがとれる隊員を求めている事が分かります。

 

一緒に行きたくない人

  • 木虎藍(見下されている気がする)
  • 真木理佐(見下されている)

木虎藍と真木理佐は勝ち気な性格をしているため、若村麓郎はそのような性格の女性を苦手にしているようです。

自身が所属している香取隊の隊長・香取葉子も勝ち気でわがままなため、普段からかなり苦労している事が分かります。

 

オペレーター:細井真織

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「細井真織」が11番隊のオペレーターに選ばれています。

細井真織は生駒隊のオペレーターで、難しいと言われる4人部隊の仕事を行っています。

しっかり者な性格をしているため、頼りない部分がある若村麓郎のサポートをする必要があります。

 

第1指名隊員:半崎義人

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「半崎義人」が11番隊のメンバーに選ばれています。

半崎義人は荒船隊の隊員で、ポジションはスナイパーです。

精密射撃を得意にしている凄腕のスナイパーのため、援護だけでなく自身で攻撃を行う事もできます。

 

第2指名隊員:笹森日佐人

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「笹森日佐人」が11番隊のメンバーに選ばれています。

笹森日佐人は諏訪隊の隊員で、ポジションはアタッカーです。

攻撃だけでなく防御もできるアタッカーのため、メインアタッカーのヒュースの補佐的な役割を担っています。

 

第3指名隊員:ヒュース・クローニン

ワールドトリガーの遠征選抜試験では「ヒュース・クローニン」が11番隊のメンバーに選ばれています。

ヒュース・クローニンは玉狛第2の隊員で、ポジションはアタッカーです。

普段から空閑遊真との2枚エースで活躍しているため、11番隊でもメインアタッカーになる事が予想できます。

 

ワールドトリガーの遠征選抜試験はシャッフルチームが面白い!

ワールドトリガーのブルーレイ19巻

出典:Amazon.co.jp

遠征選抜試験ではかなり独特な部隊が結成されているため、これまでとはまったく違う戦いが展開する事が予想できます。

そんな遠征選抜試験が描かれているワールドトリガーをこれからも楽しんでいきましょう!




Copyright © ジャンプマニア , All Rights Reserved.