ドラゴンボール

【ドラゴンボール】スーパーサイヤ人の種類・形態を紹介!孫悟空の身勝手の極意とは?

ドラゴンボール超ブロリーのブルーレイ

出典:Amazon.co.jp

本記事では「ドラゴンボール」「ドラゴンボール超」で描かれた超サイヤ人/スーパーサイヤ人の種類・形態を一覧で紹介していきます。

スーパーサイヤ人の種類・形態・強さや、変身できるキャラクターを一覧でまとめていきます。

ドラゴンボールは1984年から1995年まで「週刊少年ジャンプ」で連載されていた漫画で、1986年からアニメシリーズの放送がスタートしています。

 

種類・形態①サイヤ人

ドラゴンボールの「サイヤ人」は惑星ベジータに住んでいた戦闘種族です。

元々は惑星サダラに住んでいましたが、内紛で惑星が崩壊したため、ツフル人から奪った惑星を新たな母星にした事が分かっています。(ドラゴンボールGTではサイヤ人に恨みを持つツフル人がベビーを作っています。)

サイヤ人の赤ん坊は生まれてすぐに戦闘力を計測されており、戦闘力が低い赤ん坊は自宅の育児カプセルで育てられる事が決まりになっています。

また、優秀な赤ん坊は育児室に入る事を許され、その中でも特に優秀な赤ん坊は特別カプセルに入って育てられているようです。

サイヤ人は生まれながらに凶暴で残忍な性格をしていますが、主人公・孫悟空は幼少期に頭を打った事で穏やかな性格になったと言われています。

 

孫悟空

孫悟空は本作の主人公で、サイヤ人としての本名は「カカロット」です。

赤ん坊の時に「人類を絶滅させる」という命令を施されて地球に送られていますが、頭を打った事で穏やかな性格に変化しており、同時に命令に関する記憶を無くした事が分かっています。

少年時代はクリリンと共に亀仙人の修行を受けており、19歳の時にチチと結婚しています。

 

ベジータ

ベジータはサイヤ人の1人で、サイヤ人としての本名は「ベジータ四世」です。

赤ん坊の時からエリートとして育てられており、下級戦士である孫悟空に対して強いライバル意識を抱いています。

当初はサイヤ人らしい残虐な性格をしていましたが、穏やかな性格に変化した後にブルマと結婚しています。

 

孫悟飯

孫悟飯はサイヤ人と地球人のハーフで、孫悟空が20歳の時に誕生した子供です。

父親と同様に穏やかな性格をしており、ピッコロとの間には強い師弟関係が築かれています。

魔人ブウ編が終わった後にビーデルと結婚しており、22歳の時に娘のパンが誕生しています。

 

孫悟天

孫悟天はサイヤ人と地球人のハーフで、孫悟空が31歳~37歳の時に誕生した子供です。

幼少期は母親のチチから武術を学んでおり、何の前触れもなく7歳でスーパーサイヤ人に覚醒しています。

ドラゴンボールGTでは軟派な性格の青年に成長しており、彼女が出来てもすぐに振られている事が分かっています。

 

トランクス

トランクスはサイヤ人と地球人のハーフで、ベジータが30歳~32歳の時に誕生した子供です。

人造人間・セル編では荒廃した未来から現代に来ていましたが、戦いが終わった後に未来に帰っています。

幼少期にスーパーサイヤ人に覚醒しており、ドラゴンボールGTでは「カプセルコーポレーション」の社長に就任しています。

 

バーダック

バーダックはサイヤ人の1人で、孫悟空とラディッツの父親です。

サイヤ人らしい粗暴な性格をしていますが、仲間想いな一面があるため、フリーザ一味に仲間が殺された時には強い怒りを見せています。

自身もフリーザに殺されており、殺される寸前には20数年後に孫悟空とフリーザが対峙している未来を見ています。

下記はドラゴンボールに登場したその他のサイヤ人一覧です。

  • ラディッツ(孫悟空の兄)
  • ナッパ
  • ギネ(孫悟空とラディッツの母親)
  • ベジータ王(ベジータの父親)
  • ターブル(ベジータの弟)
  • セリパ(バーダックの仲間の女性サイヤ人)
  • トーマ(バーダックの仲間の男性サイヤ人)
  • トテッポ(バーダックの仲間の男性サイヤ人)
  • パンブーキン(バーダックの仲間の男性サイヤ人)
  • ターレス(地球まるごと超決戦の敵キャラクター)
  • ブロリー(劇場版の敵キャラクター)
  • パラガス(ブロリーの父親)
  • パン(孫悟飯とビーデルの娘)
  • ブラ(ベジータとブルマの娘)
  • キャベ(ドラゴンボール超/第6宇宙のサイヤ人)
  • カリフラ(ドラゴンボール超/第6宇宙のサイヤ人)
  • ケール(ドラゴンボール超/第6宇宙のサイヤ人)

 

種類・形態②超サイヤ人(スーパーサイヤ人)

ドラゴンボールでは「スーパーサイヤ人」というサイヤ人の種類・形態が描かれています。

初登場したのは「フリーザ編」で、クリリンがフリーザに殺された時に孫悟空が怒りを爆発させて変身しています。

戦闘力は通常の約50倍に跳ね上がっていますが、体の負担がとても大きいため、スーパーサイヤ人で戦った事が孫悟空の心臓病の進行を早めた原因のようです。

スーパーサイヤ人になるには「純粋で穏やかな心」が必要ですが、ブロリーのような「血と戦闘を好む例外」は「伝説のスーパーサイヤ人」と呼ばれています。

 

ドラゴンボール完全版のコミック21巻
【ドラゴンボール】フリーザは理想の上司!かっこいい魅力と声優を紹介

続きを見る

種類・形態③スーパーサイヤ人2

ドラゴンボールでは「スーパーサイヤ人2」というサイヤ人の種類・形態が描かれています。

初登場したのは「セル編」で、「セルジュニアに仲間を痛めつけられた事」「セルが16号を破壊した事」で孫悟飯が怒りを爆発させて変身しています。

スーパーサイヤ人と比べて見た目にあまり変化はないですが、周囲に電撃・稲妻状の火花が走る特徴があります。

戦闘力はスーパーサイヤ人の2倍と言われており、作中では「孫悟空」「ベジータ」「未来のトランクス」「カリフラ」「キャベ」「ケール」もスーパーサイヤ人2に変身しています。

 

ドラゴンボールZ 復活のFのブルーレイ
【ドラゴンボール】最強の敵キャラクターランキング!ブロリーとフリーザの強さは?

続きを見る

種類・形態④スーパーサイヤ人3

ドラゴンボールでは「スーパーサイヤ人3」というサイヤ人の種類・形態が描かれています。

初登場したのは「魔人ブウ編」で、孫悟空が魔人ブウと戦っている時に変身しています。

強さはスーパーサイヤ人2の4倍と言われていますが、エネルギーの消耗が激しい事で短時間しか使用出来ない事が分かっています。

眉毛が無くなり髪が伸びるという特徴がある変身で、作中では「ゴテンクス」もスーパーサイヤ人3に変身しています。

 

転生したらヤムチャだった件のコミックの画像
【ドラゴンボール】ヤムチャは結婚した?浮気の真相やかませ犬の強さを考察

続きを見る

種類・形態⑤スーパーサイヤ人4

ドラゴンボールでは「スーパーサイヤ人4」というサイヤ人の種類・形態が描かれています。

スーパーサイヤ人4が登場したのは「ドラゴンボールGT」で、他のシリーズでは使用されていない変身です。

他のスーパーサイヤ人とは違って「大猿の力」が根源になっているため、大猿に変身して理性を保てるサイヤ人だけが変身出来る事が分かっています。

ドラゴンボールGTはドラゴンボール超よりも後のストーリーのため、時系列的には「スーパーサイヤ人ゴッド」「スーパーサイヤ人ブルー」よりも後に披露した変身になるようです。

戦闘力は「1京」を超えていると予想されており、作中ではベジータもスーパーサイヤ人4に変身しています。

 

種類・形態⑥スーパーサイヤ人ゴッド

ドラゴンボール超では「スーパーサイヤ人ゴッド」というサイヤ人の種類・形態が描かれています。

初登場したのは「ドラゴンボールZ 神と神」で、破壊神ビルスと戦っている時に孫悟空が変身しています。

明確な戦闘力は不明ですが、原作者の鳥山明曰く、「ビルスの強さが10ならば、スーパーサイヤ人ゴッドの強さは6」のようです。

また、神龍は存在を知っていたようで、過去に正義の心を持つサイヤ人が悪のサイヤ人を倒す時に変身していた事が分かっています。

 

種類・形態⑦スーパーサイヤ人ブルー

ドラゴンボール超では「スーパーサイヤ人ブルー」というサイヤ人の種類・形態が描かれています。

スーパーサイヤ人ブルーが登場したのは「ドラゴンボールZ 復活のF」「ドラゴンボール超」で、ウィスの修行を受けていた時に孫悟空が変身に成功しています。

明確な戦闘力は不明ですが、スーパーサイヤ人ブルーに変身した孫悟空・ベジータの2人掛かりならビルスと互角の勝負になるようです。

孫悟空はスーパーサイヤ人ブルーに「界王拳」を組み合わせていますが、体の負担が大きい事で短時間しか使用出来ない事が分かっています。

 

種類・形態⑧身勝手の極意

身勝手の極意・兆

ドラゴンボール超では、孫悟空が「身勝手の極意・兆」という種類・形態に変身しています。

身勝手の極意・兆が登場したのは「ドラゴンボール超」で、孫悟空がジレンとの戦いで発動しています。

身勝手の極意は「無意識の内に攻撃・防御を行う」という特徴がありますが、初めて発動した時の孫悟空は攻撃を意識的に行っていたため、未完成の身勝手の極意とされています。

また、凄まじいエネルギーを放出しながら戦っているため、戦いの途中で自動的に解除されています。

 

身勝手の極意・極

ドラゴンボール超では、孫悟空が「身勝手の極意・極」という種類・形態に変身しています。

兆と同様に孫悟空がジレンと戦っている時に発動した形態で、兆とは違って「攻撃も無意識の内に行う」という完成形の身勝手の極意です。

身勝手の極意は神の力の1つのようで、各宇宙の天使は使用出来る事が分かっています。

また、孫悟空は「力の大会」で偶然発動しているため、大会が終わった後には発動方法は分からないと言っています。

 

その他の種類・形態

未完成のスーパーサイヤ人2

ドラゴンボールのセル編では「未完成のスーパーサイヤ人2」という種類・形態が描かれています。

精神と時の部屋で修行したトランクスはスーパーサイヤ人を超えるパワーを引き出す事に成功しましたが、パワーと引き換えにスピードを失っていたため、セルにはまったく攻撃が当たりませんでした。

完成されたスーパーサイヤ人2はパワー・スピードの両方が上がっているため、トランクスが変身した形態は未完成の形態だった事が分かっています。

 

アルティメット悟飯

ドラゴンボールの魔人ブウ編では「アルティメット悟飯」という種類・形態が描かれています。

孫悟飯は凄まじい潜在能力を秘めており、老界王神が限界を超えた潜在能力を引き出した事で「アルティメット悟飯」になっています。

アルティメット悟飯はスーパーサイヤ人に変身するとパワーダウンするという特殊な形態で、孫悟空のスーパーサイヤ人3よりも戦闘力が高いと言われています。

また、ドラゴンボール超では戦いから遠ざかっていましたが、ピッコロとの修行でアルティメット悟飯の再変身に成功しています。

 

伝説のスーパーサイヤ人

ドラゴンボールでは「伝説のスーパーサイヤ人」という種類・形態が描かれています。

伝説のスーパーサイヤ人は「千年に一人現れる破壊と殺戮を好む戦士」で、他のスーパーサイヤ人とは異なる進化を遂げた存在のようです。

劇場版に登場したブロリーが「伝説のスーパーサイヤ人」に変身しており、設定が変更された「ドラゴンボール超 ブロリー」では破壊神ビルス以上の強さを見せています。

また、ドラゴンボール超に登場したケールもブロリーのような姿に変身しています。

 

スーパーサイヤ人ロゼ

スーパーサイヤ人ロゼは「ドラゴンボール超」でゴクウブラックが変身した種類・形態です。

明確な戦闘力は不明ですが、スーパーサイヤ人ブルーに変身した孫悟空・ベジータを圧倒する強さを見せています。

変身の条件は不明で、ゴクウブラックの正体であるザマスの「神の力」が変身に関係している可能性があります。

 

スーパーサイヤ人ブルーを超えたベジータ

ドラゴンボール超では「スーパーサイヤ人ブルーを超えたベジータ」が描かれています。

孫悟空は力の大会で「身勝手の極意」を発動しており、ベジータも戦いの中で身勝手の極意を体得しようとしていました。

ですが、ベジータは発動する事が出来なかったため、身勝手の極意ではない自分なりの強さを求める事を決めています。

そのため、次期破壊神と言われているトッポとの戦いでスーパーサイヤ人ブルーを超え、孫悟空と同様に神に等しい力を覚醒させています。

 

ゴジータ

ドラゴンボールには「ゴジータ」という種類・形態が描かれています。

孫悟空とベジータがフュージョンで融合した戦士で、強敵であるジャネンバを圧倒する強さを見せています。

また、「ドラゴンボールGT」「ドラゴンボール超 ブロリー」にも登場しており、その際には融合状態でスーパーサイヤ人4とスーパーサイヤ人ブルーの姿を見せています。

 

ベジット

ドラゴンボールでは「ベジット」という種類・形態が描かれています。

ベジットは孫悟空とベジータが神具・ポタラを使って融合した戦士で、魔人ブウを圧倒する強さを見せています。

明確な戦闘力は不明ですが、設定上はゴジータよりもベジットの方が戦闘力が上のようです。

また、「融合したら二度と元に戻れない」という設定でしたが、ドラゴンボール超で「界王神ではない者が融合した場合は、約1時間で融合が解ける」という設定に変更されています。

 

ゴテンクス

ドラゴンボールでは「ゴテンクス」という種類・形態が描かれています。

孫悟天とトランクスが融合した戦士で、悪の魔人ブウと互角に戦える強さを見せています。

また、スーパーサイヤ人3に変身する事が出来ますが、融合している2人の戦闘力があまり高くないため、孫悟空のスーパーサイヤ人3と強さは変わらないという考察がなされています。

 

スーパーサイヤ人は種類・形態が多くて面白い!

劇場版ドラゴンボールのブルーレイ6巻

出典:Amazon.co.jp

ドラゴンボールでは様々な種類・形態のスーパーサイヤ人が描かれているため、キャラクターたちの進化・成長が面白いと言われているようです。

また、ドラゴンボールは次々と新作が制作されているため、新しいスーパーサイヤ人に期待しているファンも多いようです。

そんなスーパーサイヤ人が描かれている「ドラゴンボール」をこれからも楽しんでいきましょう!