めだかボックス 考察・予想

【めだかボックス】打ち切り説を考察!漫画の売上やアニメ3期の可能性は?

めだかボックスのコミック17巻

出典:Amazon.co.jp

本記事では漫画「めだかボックス」の打ち切り説や、アニメ3期が制作される可能性を考察していきます。

その他には、原作者・西尾維新の情報や、アニメでキャラクターの声を演じている豪華な声優キャストをまとめていきます。

めだかボックスは2009年から2013年まで「週刊少年ジャンプ」で連載されていた漫画が原作で、2012年の4月から12月までアニメが放送されていました。

 

めだかボックスは打ち切り?原作漫画の売上と人気を考察

打ち切り説考察①原作漫画の売上

めだかボックスのコミック8巻

出典:Amazon.co.jp

めだかボックスの正確な累計発行部数は不明ですが、2021年12月時点で500万部を突破しています。

週刊少年ジャンプで連載されている「ONE PIECE」「ドラゴンボール」「NARUTO」「鬼滅の刃」のような漫画と比べると累計発行部数が少なく感じますが、他雑誌で500万部以上売れている漫画はヒットの部類に入るため、めだかボックスはヒット漫画と言っても過言ではないようです。

また、アニメ化されている時点で人気がある事が分かるため、原作漫画は打ち切りではなかったという考察がなされているようです。

 

打ち切り説考察②週刊少年ジャンプのアンケート

週刊少年ジャンプでは「読者アンケート」が実施されており、アンケートの順位が悪い漫画は打ち切りになる傾向があります。

めだかボックスの詳しいアンケート順位は不明ですが、週刊少年ジャンプの真ん中当たりに漫画が掲載されている事が多かったため、読者人気はそこそこだった事が分かります。

また、後ろの方に掲載されている事もあったため、それが「めだかボックスの打ち切り説」が浮上した理由のようです。

同時期には「ONE PIECE」「NARUTO」「BLEACH」「黒子のバスケ」「ハイキュー!!」という人気漫画も連載されていたため、人気争いが熾烈だったのかもしれません。

 

打ち切り説考察③キャラクターの強さのインフレ

漫画「めだかボックス」にはスキル・マイナス・アブノーマルという超人的な能力を持つキャラクターが登場しており、キャラクターたちのバトルが面白い魅力と言われています。

物語途中には「安心院なじみ」という凄まじい強さを持つキャラクターが登場していますが、安心院なじみを簡単に倒してしまうキャラクターも増えているため、強さの歯止めが効かない状態になっています。

そのため、「これ以上強いキャラクターを出せない」という強さのインフレも打ち切り説が浮上した理由のようです。

また、最終的には主人公・黒神めだかが敵を倒す必要があるため、敵が強くなり過ぎた事で漫画は終了したという考察がなされているようです。

 

打ち切り説考察④最後のエピソードの話数

週刊少年ジャンプの漫画は「あと何話で終了です」という風に、事前に編集部が漫画家に打ち切りを告知する仕組みになっているようです。

そのため、週刊少年ジャンプの漫画は「支離滅裂な終わり方」や「俺たちの戦いはこれからだ」という終わり方が多いですが、めだかボックスの終盤エピソードである「不知火の里」「百輪走」は20話以上続いて終結しているため、打ち切りではなく原作者の意向で完結した可能性があります。

また、しっかりと伏線回収も行われているため、それも「打ち切りではない」という説を後押ししているようです。

 

打ち切り説考察⑤原作漫画の最終回

読んだ方によって違いはあると思いますが、リアルタイムで「めだかボックス」を読んでいた筆者は最終回に違和感は感じませんでした。

最終回では「10年後の世界」が舞台になっており、人吉善吉が黒神めだかに「決闘とプロポーズ」を申し込むという内容になっています。

そして黒神めだかも人吉善吉に逆プロポーズしているため、斜め上を行く展開が多い「めだかボックスらしい最終回」という印象がありました。

そのため、個人的には「めだかボックスは打ち切りではない」という考察を行っています。

 

打ち切り説考察⑥アニメの終わり方

めだかボックスは2012年の4月から12月までアニメが放送されていましたが、アニメは中途半端な所で終了しているため、それも「めだかボックスの打ち切り説」に繋がっているようです。

めだかボックスはDVD・ブルーレイの売上にかなり苦戦しているため、それがアニメが終了した一番の理由なのかもしれません。

また、アニメがあまり良い終わり方をしていないため、それが「原作漫画も人気がない」という間違った認識に繋がった可能性があります。

 

打ち切り説考察⑦原作者・西尾維新の人気

化物語の小説上巻

出典:Amazon.co.jp

めだかボックスの原作者は「物語シリーズ」「戯言シリーズ」「刀シリーズ」などを執筆している小説家の「西尾維新」です。

西尾維新は「週刊少年マガジン」「モーニング」などで知られる「講談社」で小説を発行していたため、「週刊少年ジャンプのめだかボックス」は依頼を受けて原作を担当した可能性があります。

そのため、「めだかボックスは打ち切り候補の漫画になっていたが、週刊少年ジャンプの編集部は西尾維新に打ち切りを伝えられなかった」という説が浮上しているようです。

また、めだかボックスが連載されていた2009年から2013年は、西尾維新の「物語シリーズ」の人気が絶頂期だったため、めだかボックスの人気の向上を期待していた可能性があります。

 

めだかボックスは打ち切りではない可能性が高い!

めだかボックスのコミック6巻

出典:Amazon.co.jp

読者の間で打ち切り説が浮上している「めだかボックス」ですが、個人的には「打ち切りではなかった」という考えを抱いています。

他の打ち切り漫画は進行中のエピソードを無視して完結する事が多いため、しっかりと最終回を描き上げた「めだかボックス」は大団円という印象があります。

また、「カラー版のコミック」が発売されているため、編集部は「めだかボックスは週刊少年ジャンプを支えたヒット漫画」と考えている可能性があります。

 

めだかボックスのアニメ3期が制作される可能性は?

アニメ3期の可能性①アニメ1期・2期の放送は2012年

めだかボックスのアニメ1期・2期は2012年に放送されているため、これからアニメ3期が放送されると「どんな内容だった?」「2期の終わり方は?」という状況になってしまいます。

そのため、アニメ3期が制作される可能性は低いという考察がなされているようです。

ですが、作画のクオリティが上がった近年ではバトル系アニメの面白さが向上しているため、「めだかボックス」が再び注目された場合には最初からアニメが制作されるかもしれません。

 

アニメ3期の可能性②制作会社はガイナックス

天元突破グレンラガンのブルーレイボックス

出典:Amazon.co.jp

アニメ「めだかボックス」を制作したのは「ガイナックス」です。

ガイナックスは1984年に設立された制作会社で、これまでに「新世紀エヴァンゲリオン」「天元突破グレンラガン」「 トップをねらえ!」などの作品を手掛けています。

制作会社の中では老舗ですが、2015年以降は元請作品を制作しておらず、経営悪化や不祥事などの問題が起こっているため、めだかボックスのアニメ3期が決定した場合には制作を担当する可能性は低いという考察がなされているようです。

 

アニメ3期の可能性③西尾維新の現在の状況

死物語の小説上巻の画像

出典:Amazon.co.jp

西尾維新は現役の小説家として活動中で、2021年には「美少年シリーズ」がアニメ化されています。

また、「物語シリーズ」の新しいエピソードのアニメ化を望んでいるファンも多いため、現在も高い人気を誇っている事が分かります。

そのため、西尾維新が「めだかボックス」に対して何らかのアクションを起こした場合には、アニメ3期・リメイクアニメが制作されるかもしれません。

 

めだかボックスの豪華なアニメ声優一覧

黒神めだか / 豊崎愛生

アニメ「めだかボックス」で黒神めだかの声を演じたのは声優の豊崎愛生です。

豊崎愛生は徳島県出身で、2006年から声優活動を行っている人物です。

これまでに「けいおん!/平沢唯」「とある魔術の禁書目録/初春飾利」「ゆるキャン△/犬山あおい」などのアニメでもキャラクターの声を演じています。

めだかボックスの黒神めだかは本作の主人公で、箱庭学園の第98・99代生徒会長を務めているキャラクターです。

 

人吉善吉 / 小野友樹

アニメ「めだかボックス」で人吉善吉の声を演じたのは声優の小野友樹です。

小野友樹は静岡県出身で、2006年から声優活動を行っている人物です。

これまでに「黒子のバスケ/火神大我」「ジョジョの奇妙な冒険ダイヤモンドは砕けない/東方仗助」などのアニメでもキャラクターの声を演じています。

めだかボックスの人吉善吉は黒神めだかの幼馴染で、生徒会の庶務を担当しているキャラクターです。

 

阿久根高貴 / 浪川大輔

アニメ「めだかボックス」で阿久根高貴の声を演じたのは声優の浪川大輔です。

浪川大輔は東京都出身で、1985年から声優活動を行っている人物です。

これまでに「BLEACH/ウルキオラ・シファー」「ルパン三世/石川五ェ門」などのアニメでもキャラクターの声を演じています。

めだかボックスの阿久根高貴は生徒会の書記を担当しているキャラクターで、中学生時代は「破壊臣」という異名を付けられていました。

 

喜界島もがな / 茅野愛衣

アニメ「めだかボックス」で喜界島もがなの声を演じたのは声優の茅野愛衣です。

茅野愛衣は東京都出身で、2010年から声優活動を行っている人物です。

これまでに「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。/本間芽衣子」「斉木楠雄のΨ難/照橋心美」などのアニメでもキャラクターの声を演じています。

めだかボックスの喜界島もがなは競泳部のエースで、生徒会では会計を担当しているキャラクターです。

 

不知火半袖 / 加藤英美里

アニメ「めだかボックス」で不知火半袖の声を演じたのは声優の加藤英美里です。

加藤英美里は東京都出身で、2004年から声優活動を行っている人物です。

これまでに「らき☆すた/柊かがみ」「オーバーロード/アウラ・ベラ・フィオーラ」などのアニメでもキャラクターの声を演じています。

めだかボックスの不知火半袖は箱庭学園理事長の孫で、小柄な体型に似合わない大食いのキャラクターです。

 

球磨川禊 / 緒方恵美

アニメ「めだかボックス」で球磨川禊の声を演じたのは声優の緒方恵美です。

緒方恵美は東京都出身で、1992年から声優活動を行っている人物です。

これまでに「幽遊白書/蔵馬」「新世紀エヴァンゲリオン/碇シンジ」などのアニメでもキャラクターの声を演じています。

めだかボックスの球磨川禊は「マイナス十三組」の筆頭で、「現実に起こった出来事を無かった事にする能力」を持っています。

 

名瀬夭歌・黒神くじら / 沢城みゆき

アニメ「めだかボックス」で名瀬夭歌・黒神くじらの声を演じたのは声優の沢城みゆきです。

沢城みゆきは東京都出身で、1999年から声優活動を行っている人物です。

これまでに「ルパン三世/峰不二子」「HUNTER×HUNTER/クラピカ」などのアニメでもキャラクターの声を演じています。

黒神くじらは黒神めだかの姉で、特殊な能力を持つ「十三組」のメンバーで登場しています。

 

めだかボックスは賛否両論がある個性的な作品!

めだかボックスのコミック5巻

出典:Amazon.co.jp

漫画・アニメ「めだかボックス」は癖の強い作品のため、面白い・面白くないという賛否両論の意見があるようです。

また、キャラクターたちは特殊能力を持っているため、漫画よりも動きのあるアニメの方が特殊能力が映えるという声も挙がっているようです。

そんな「めだかボックス」をこれからも楽しんでいきましょう!