ジャンプまとめ

ジャンプ漫画家の年収ランキング!尾田栄一郎と吾峠呼世晴の収入が圧倒的?

ハンターハンターのコミック27巻

出典:Amazon.co.jp

本記事では「週刊少年ジャンプ」で漫画を連載している「ジャンプ漫画家」の年収・収入ランキングを紹介していきます。

漫画家の明確な年収・収入は発表されていないので、コミックの売り上げやアニメ・映画を参考にしながら予想していきます。

週刊少年ジャンプは1968年7月11日から刊行されている漫画雑誌で、刊行当初は「少年ジャンプ」という名称でした。

 

漫画家が収入を得る方法は?

漫画家の収入①原稿料

漫画家の収入の1つには「原稿料」があります。

原稿料は週刊少年ジャンプのような雑誌で漫画を描いた時に貰えるもので、「1ページ当たり何円」というように漫画家と編集部の間で価格契約が結ばれています。

無名の漫画家の原稿料は「5000円~7000円前後」と言われていますが、人気漫画家の原稿料は「2万円以上」になる事が多いようです。

週刊少年ジャンプの基本ページ数は「19ページ」のため、「19ページ」×「2万円」で計算すると、人気漫画家は一週間毎に38万円の原稿料を得ている事になります。

 

漫画家の収入②単行本・コミックの売り上げ

漫画家は「単行本・コミックの売り上げ」「印税」で収入を得ています。

印税は契約によって違いますが、ほとんどの漫画家の印税が「約10%」と言われているため、500円の単行本・コミックが売れる度に「50円」の収入を得る事になります。

近年では1億部を売り上げる漫画も珍しくないため、そのような漫画家には50億円の印税が入っているようです。

ここから半分~3分の1の税金(経費によってバラバラ)が引かれるため、少なくとも漫画家には20億円近くの収入が入る事になります。

 

漫画家の収入③専属契約料

週刊少年ジャンプには「専属契約」という制度があり、契約を結んだ漫画家には「専属契約料」が支払われているようです。

この契約は「契約を結んでいる間は他雑誌で描かないで」というもので、人気漫画家だけでなく新人漫画家も契約を結ぶようです。

原稿料と同様に契約料は漫画家のランクによってバラバラで、週刊少年ジャンプの看板漫画を描いている漫画家の契約料は数百万以上と予想されています。

 

漫画家の収入④アニメ化・実写映画化

人気漫画はアニメ・実写映画になる事が多いですが、その際に原作者に対して「著作物使用料」というものが支払われています。

この「著作物使用料」は契約によってバラバラですが、「上限が1000万円」と言われているため、どんなに作品がヒットしても原作者が得る最大金額は1000万円のようです。

また、相場は200万円~400万円と言われているため、著作物使用料の収入を目的にするのではなく、単行本・コミックの売り上げを伸ばすためにアニメ・実写映画を制作する事も多いようです。

 

漫画家の収入⑤著作権の使用

人気漫画はグッズ化される事が多いですが、その際には原作者に対して「著作権の使用料」が支払われています。

この著作権の使用料は契約によってバラバラのため、「グッズの売り上げで変動」「使用料を一括で契約」という違いがあるようです。

また、グッズは漫画のように1億個も売れるようなものではないため、漫画家の主たる収入源にはなっていないようです。

 

漫画家の経費・支出は?

収入だけを見ると漫画家は夢のある職業ですが、収入だけでなく経費も膨大と言われています。

人気漫画家はアシスタントを5人以上雇っている事が多いため、1人の日当を1万円と計算した場合には、20日計算で「アシスタント代が100万円」も掛かる事になります。

また、優秀なアシスタントには2万円~3万円以上が支払われているため、家賃・光熱費・ペン代・原稿代などを合わせると1ヶ月で200万円以上の経費が掛かっているようです。

そのため、原稿料は経費で相殺され、単行本・コミックの売り上げで漫画家の収入が変わってくると言われています。

 

ジャンプ漫画家の年収ランキング10位~4位

10位:秋本治

こちら葛飾区亀有公園前派出所のコミック200巻

出典:Amazon.co.jp

ジャンプ漫画家の年収ランキング10位には「秋本治」がランクインしました。

秋本治は1976年から活動している漫画家で、代表作品は「こちら葛飾区亀有公園前派出所」です。

こちら葛飾区亀有公園前派出所の累計発行部数は2021年12月時点で1億5000万部を突破していますが、連載期間が1976年から2016年だったため、1億5000万部を30年で割った場合には、年間500万部ペースで漫画が売れている事になります。

そのため、秋本治の年収は最低でも5000万円で、アニメ・実写ドラマが放送されて漫画の売り上げが伸びていた時に1億円近くになっていたと予想されています。

また、累計発行部数を単純計算すると、15億円ほどの収入を得ている事になります。

 

9位:荒木飛呂彦

ジョジョの奇妙な冒険のコミック1巻

出典:Amazon.co.jp

ジャンプ漫画家の年収ランキング9位には「荒木飛呂彦」がランクインしました。

荒木飛呂彦は1980年から活動している漫画家で、代表作品は「ジョジョの奇妙な冒険シリーズ」です。

ジョジョの奇妙な冒険のシリーズ累計発行部数は2021年12月時点で1億部を突破していますが、1987年から30年以上連載しているため、1億部を30年で割った場合には、単純計算で年間330万部ペースで漫画が売れている事になります。

そのため、荒木飛呂彦の年収は最低でも3300万円で、アニメ・ゲームで漫画が一気に売れた時期に1億円を超えたという予想がされています。

また、累計発行部数を単純計算すると、10億円ほどの収入を得ている事になります。

 

8位:久保帯人

BLEACHのコミック74巻

出典:Amazon.co.jp

ジャンプ漫画家の年収ランキング8位には「久保帯人」がランクインしました。

久保帯人は1996年から活動している漫画家で、代表作品は「BLEACH」です。

BLEACHの累計発行部数は2021年12月時点で1億2000万部を突破しており、連載期間は2001年から2016年だったため、1億2000万部を15年で割った場合には、単純計算で年間800万部のペースで漫画が売れている事になります。

そのため、久保帯人の年収は最低でも8000万円で、大人気だった「破面篇」では年間1000万部~2000万部以上が売れていた事が予想出来るため、その時期の年収は1億円~2億円になっていたという予想がされています。

また、累計発行部数を単純計算すると、12億円ほどの収入を得ている事になります。

 

7位:岸本斉史

NARUTOのコミック72巻

出典:Amazon.co.jp

ジャンプ漫画家の年収ランキング7位には「岸本斉史」がランクインしました。

岸本斉史は1996年から活動している漫画家で、代表作品は「NARUTO」です。

NARUTOの累計発行部数は2021年12月時点で2億5000万部を突破しており、連載期間は1999年から2014年の15年間だったため、2億5000万部を15年で割った場合には、単純計算で年間1600万部のペースで漫画が売れている事になります。

そのため、岸本斉史の年収は最低でも1億6000万円で、アニメ・アニメ映画で人気が伸びていた時には年間2000万部~3000万部以上が売れていた事が予想出来るため、その時期の年収は2億円~3億円になっていたという予想がされています。

また、累計発行部数を単純計算すると、25億円ほどの収入を得ている事になります。

 

6位:冨樫義博

幽遊白書のコミック19巻

出典:Amazon.co.jp

ジャンプ漫画家の年収ランキング6位には「冨樫義博」がランクインしました。

冨樫義博は1986年から活動している漫画家で、代表作品は「幽遊白書」「HUNTER×HUNTER」です。

幽遊白書・HUNTER×HUNTERの合計累計発行部数は2021年12月時点で1億2000万部を突破しており、合計連載期間は26年ほどのため、1億2000万部を26年で割った場合には、単純計算で年間450万部のペースで漫画が売れている事になります。

そのため、冨樫義博の年収は最低でも4500万円ですが、HUNTER×HUNTERは長期休載が多い作品で、HUNTER×HUNTERと同時に幽遊白書も漫画が売れているため、最高年収は2億円~3億円以上と予想されています。

また、累計発行部数を単純計算すると、12億円ほどの収入を得ている事になります。

 

5位:井上雄彦

スラムダンク新装再編版のコミック20巻

出典:Amazon.co.jp

ジャンプ漫画家の年収ランキング5位には「井上雄彦」がランクインしました。

井上雄彦は1988年から活動している漫画家で、代表作品は「SLAM DUNK」「バガボンド」「リアル」です。

3作品の合計累計発行部数は2021年12月時点で2億2000万部を超えており、合計連載期間は30年ほどのため、2億2000万部を30年で割った場合には、年間700万部のペースで漫画が売れている事になります。

そのため、井上雄彦の年収は最低でも7000万円で、バガボンドの絶頂期に「SLAM DUNK」と「リアル」も売れ続けるという相乗効果があるため、その時期の年収は3億円から4億円と予想されています。

また、累計発行部数を単純計算すると、22億円ほどの収入を得ている事になります。

 

4位:鳥山明

ドラゴンボールのコミック42巻

出典:Amazon.co.jp

ジャンプ漫画家の年収ランキング4位には「鳥山明」がランクインしました。

鳥山明は1978年から活動している漫画家で、代表作品は「ドラゴンボール」「Dr.スランプ」です。

ドラゴンボールの累計発行部数は2021年12月時点で2億6000万部を突破しており、連載期間は11年だったため、2億6000万部を11年で割った場合には、単純計算で年間2300万部のペースで漫画が売れている事になります。

そのため、累計発行部数だけを見ると鳥山明の年収は最低でも2億3000万円ですが、ドラゴンボールは映画・グッズ・ゲームを含めた経済効果が2兆円以上と言われているため、鳥山明の最高年収は10億円を超えていると予想されています。

また、累計発行部数を単純計算すると、26億円ほどの収入を得ている事になります。

 

ワンピースのエースの死を越えて! ルフィ仲間との誓いのブルーレイ
ジャンプの面白い漫画ランキング!人気・おすすめ作品をジャンル別の一覧で紹介!

続きを見る

ジャンプ漫画家の年収ランキング3位~1位

3位:高橋和希

遊戯王のコミック1巻

出典:Amazon.co.jp

ジャンプ漫画家の年収ランキング3位には「高橋和希」がランクインしました。

高橋和希は1981年から活動している漫画家で、代表作品は「遊☆戯☆王」です。

遊☆戯☆王の累計発行部数は2021年12月時点で4000万部を突破しており、連載期間は8年だったため、4000万部を8年で割った場合には、単純計算で年間500万部のペースで漫画が売れている事になります。

そのため、高橋和希の年収は最低でも5000万円ですが、遊☆戯☆王で描かれたカードゲーム「デュエルモンスターズ」が世界中で爆発的なヒットを記録しているため、高橋和希の最高年収は10億円~20億円と予想されています。

また、累計発行部数を単純計算すると、4億円ほどの収入を得ている事になります。

 

2位:吾峠呼世晴

鬼滅の刃のコミック23巻

出典:Amazon.co.jp

ジャンプ漫画家の年収ランキング2位には「吾峠呼世晴」がランクインしました。

吾峠呼世晴は2014年から活動している漫画家で、代表作品は「鬼滅の刃」です。

鬼滅の刃の累計発行部数は2021年12月時点で1億5000万部を突破しており、連載期間は4年だったため、1億5000万部を4年で割った場合には、単純計算で年間3700万部のペースで漫画が売れている事になります。

そのため、吾峠呼世晴の年収は最低でも3億7000万円ですが、2020年だけで約1億部を売り上げており、同時にアニメ・映画・グッズが大ヒットしているため、吾峠呼世晴の最高年収は20億円以上と予想されています。

また、累計発行部数を単純計算すると、15億円ほどの収入を得ている事になります。

 

1位:尾田栄一郎

ワンピースのコミック100巻

出典:Amazon.co.jp

ジャンプ漫画家の年収ランキング1位には「尾田栄一郎」がランクインしました。

尾田栄一郎は1997年から活動している漫画家で、代表作品は「ONE PIECE」です。

ONE PIECEの累計発行部数は2021年12月時点で4億9000万部を突破しており、連載期間は24年のため、4億9000万部を24年で割った場合には、単純計算で年間2000万部のペースで漫画が売れている事になります。

そのため、尾田栄一郎の年収は最低でも2億円ですが、2010年~2013年の間で1億部が売れており、同時期にはアニメ・映画・グッズ・CMなどの全てが大ヒットしているため、尾田栄一郎の最高年収は30億円以上と予想されています。

また、累計発行部数を単純計算すると、49億円ほどの収入を得ている事になります。

 

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦のブルーレイ4巻
ジャンプ漫画・アニメの可愛いキャラクターランキング!歴代ヒロインの魅力を紹介

続きを見る

ジャンプ漫画家は夢のある職業!

ワンピースのコミック1巻

出典:Amazon.co.jp

数ある漫画雑誌の中で、週刊少年ジャンプで連載を持つ事は日本一ハードルが高いと言われているようです。

そのため、その高いハードルを越えた漫画家は莫大な収入を得ているようです。

そんな天才漫画家たちが漫画を連載している「週刊少年ジャンプ」をこれからも楽しんでいきましょう!